「金融仲介機能」・「信用創造機能」・「決済機能」

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

「金融仲介機能」・「信用創造機能」・「決済機能」

知らないわけにはいかない、ロイズについて。イギリスの世界中に名の知られた保険市場を指す。制定法の規定によって法人とされた、ブローカーとそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もある。

たいていのすでに上場済みの企業であったら、事業のための資金集めのために、株式だけではなく、さらに社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の一番の違いは、返済する義務があるかないかであるから注意が必要。

有利なのか?タンス預金。インフレの局面では、物価が上がれば上がるほどその価値が目減りすることになる。いますぐ生活に準備しておく必要のない資金は、ぜひとも安全性が高くて金利が付く商品にお金を移した方がよい。

タンス預金の盲点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、物価が上がれば上がるほど相対的に価値が下がるのです。当面の生活に準備しておく必要のない資金であるのなら、タンス預金をやめて安全で金利が付く商品にした方がよい。

知っておきたい用語であるFXは、要は外国の通貨を売買した差額によって証拠金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。ほかの外貨預金や外貨MMFより利回りが高く、さらに為替コストも安いというのがポイントである。はじめたいときは証券会社やFX会社で購入できる。

紹介されることが多い「銀行の運営がどうなるかは銀行に信用があって軌道にのるか、融資するほどの価値がない銀行だと審判されたことで繁栄できなくなるかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)

麻生総理が誕生した2008年9月に大事件。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したというニュースがアメリカから発信された。この誰も予想しなかった大事件が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったという現実。

将来を見据え日本国の銀行等は、国内だけではなく国際的な金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れて、経営の一段の強化や企業同士の合併・統合等を含めた組織再編成などに精力的に取り組んでいます。

そのとおり「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」以上、3機能をいわゆる銀行の3大機能と称することが多く、基本業務である「預金」「融資」「為替」あわせて銀行自身が持つ信用によって機能していることを忘れてはいけない。

よく聞くコトバ、スウィーブサービスとは何か?通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座で、株式等の購入・売却代金などが両口座で自動的に振替えられる便利なサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦ということ。

保険制度とは、偶然起きる事故により発生した主に金銭的な損失を想定して、立場が同じ多数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、準備した資金によって予測できない事故が発生した者に保険金を支給する制度なのです。

一般的にバブル経済(わが国では平成3年まで)⇒不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の取引金額が無茶な投機により実体経済の実際の成長を超過してもさらに高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指すのである。

中国で四川大地震が発生した平成20年9月に、アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したのだ。この誰も予想しなかった大事件が世界の金融危機の引き金になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたというのが事実である。

こうして我が国の金融・資本市場における競争力を高める為に進められた緩和のほか、金融制度の更なる質的向上を目指す取組等を実施する等、市場そして規制環境に関する整備がどんどん進められていることを忘れてはいけない。

間違えやすいけれど、株式についての基礎。債権ではなく出資証券(有価証券)であり、企業は出資されても出資した者に対しては出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないとされている。それから、株式は売却によって換金する。

金融,保険,株式関連記事ここまで