金融危機の備え

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

金融危機の備え

聞きなれたバンクという単語はもともとbanco(イタリア語で机、ベンチ)が起源で、ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行には驚かされる。600年以上も昔、ジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行といわれている。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)の定めに則り、保険の取り扱いを行う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれて、2つとも内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた会社しか行えないとされているのだ。

覚えておこう、ペイオフとは何か?唐突な金融機関の経営破綻による破産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護するべき個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。

これからもわが国のほとんどの銀行などの金融機関は、既に国際的な金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れつつ、財務体質等の一段の強化、合併・統合等を含む組織再編成などに精力的に取り組んでいます。

預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が預金保護のために支払うペイオフ解禁後の補償限度額は預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内この機構に対しては日本政府この機構は日本政府、さらに日本銀行ならびに民間金融機関全体がだいたい同じ割合で

つまり安定という面で魅力的であるだけではなく活発な魅力があるこれまでにない金融市場や取引のシステムの構築を実現させるためには、民間金融機関や金融グループと行政(国)がお互いの抱える課題を積極的に解決しなければならないと言える。

知っておきたいタンス預金。物価が上がっている局面では、上昇分現金はお金としての価値が下がることになる。すぐには暮らしに準備しておく必要のない資金なら、安全性が高くて金利も付く商品で管理した方がよいだろう。

タンス預金⇒物価が上昇している(インフレ)局面では、物価が上昇した分お金の価値が下がることになる。たちまち暮らしに必要のない資金なら、タンス預金ではなく安全で金利も付く商品にお金を移した方がよい。

FX⇒一般的には外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。外貨預金または外貨MMFなどよりずいぶんと利回りが良く、また為替コストも安い長所がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社からスタート。

知ってい置きたい言葉「銀行の運営というものは信用によって大成功するか、融資するほどの値打ちがない銀行であると判定されたことで失敗するかのどちらかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)

麻生内閣が発足した平成20年9月15日のことである。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したのである。このことが歴史的な世界的金融危機のきっかけになったためその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのです。

そのとおりロイズって何?ロンドン中心部のシティ(金融街)の全世界的に名の知られた保険市場なのです。同時に法に定められた取り扱いで法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もあります。

いわゆるスウィーブサービス⇒銀行の普通預金口座と証券取引口座(同一金融機関・グループの)間なら、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動振替してくれる新しいサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み作戦です。

保険のしくみ⇒想定外に発生する事故が原因で生じた主に金銭的な損失の対応のために、賛同する多数の者がわずかずつ保険料を出し合い、集まった資金によって不幸にも事故が発生した者に保険金を給する仕組みということ。

つまりバブル経済(日本では80年代から)って何?不動産、株式などの時価資産が市場で取引される価格が行き過ぎた投機により実際の経済成長を超過してもなお継続して高騰し、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。

金融,保険,株式関連記事ここまで