バンクについて

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

バンクについて

「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が突如経営破綻したのです。こうした事態に、このときはじめてペイオフ(預金保護)が発動したのである。このとき3%(全預金者に対する割合)程度といっても数千人が、初適用の対象になったのではないだろうか。

知っておきたい用語であるFXは、証拠金をもとに外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出す取引なのである。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFに比べてみて利回りが高く、また為替コストも安いというのがポイントである。始めるには証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。

名言「銀行の運営、それはその銀行に信用があって順調に進む、もしくはそこに融資する価値があるとは言えないと診断されて発展しなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)

約40年前に設立された預金保険機構が預金保護のために支払う補償の最高額は預金者1人当たり1000万円です。預金保険機構に対しては日本政府及び日本銀行さらに民間金融機関全体の三者ががだいたい同じ割合で

重要。「金融仲介機能」と「信用創造機能」そして「決済機能」、これら3つの機能をセットで銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業、最も重要なその銀行の信用によって実現できているものなのだ。

つまり「重大な違反」なのか違うのかは、監督官庁である金融庁が判定するものです。ほぼ全てのケースでは、つまらない違反が非常にあり、それによる効果で、「重大な違反」判断するものです。

英語のバンクについて⇒イタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来している。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行はどこなのか?15世紀初頭に豊かな国であったジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。

きちんと知っておきたい用語。金融機関の能力格付け⇒信用格付機関によって金融機関、さらには国債・社債などの発行元の信用力(債務の支払能力など)を主観的に評価するものである。

タンス預金の弱点⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上がれば上がるほど現金は価値が下がることになる。たちまち生活に必要のない資金は、タンス預金よりも安全、そして金利が付く商品で管理した方がよいだろう。

大部分の株式を公開している企業の場合は、企業運営のための資金調達の手段として、株式以外に社債も発行するのが普通。株式と社債の違いは、返済する義務の有無ですからご注意を。

預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が一定額までの預金保護のために支払う補償額(ペイオフ解禁後)は預金者1人当たり1000万円以内なのです。預金保険機構は政府だけではなく日銀、加えて民間金融機関全体が3分の1程度ずつ

覚えておこう、金融機関の(能力)格付けっていうのは、信用格付機関が金融機関など含む国債を発行している政府や、社債を発行している会社に係る、信用力や債務の支払能力などを一定の基準に基づいて主観的に評価します。

実は、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)が独自のファンドを作って、それを運営するには、気の遠くなるほど多さの「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められております。

今後も、わが国内で活動中のほとんどの金融グループは、強い関心を持ってグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることも考えて、経営の改善、さらには合併・統合等も組み入れた組織再編成などに精力的な取り組みが行われています。

覚えておこう、ペイオフって何?予測できなかった金融機関の破産・倒産などに伴い、預金保険法で保護可能な預金者(法人・団体も含む)の預金債権に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。

金融,保険,株式関連記事ここまで