知ってい置きたい

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

知ってい置きたい

抑えておきたいポイント。株式⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、株式を発行した企業は株式を手に入れた株主への出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないとされているのだ。またさらに、株式は売却によって換金する。

知ってい置きたい言葉「銀行の運営、それは銀行の信頼によって繁盛するか、融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと認識されたことで繁栄できなくなる。どちらかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)

保険業法(改正1995年)の定めに従って、保険を販売する企業は生命保険会社もしくは損害保険会社のどちらかになり、どちらも内閣総理大臣からの免許を受けた者しか販売してはいけないと規制されている。

覚えておこう、デリバティブとは何か?今まであった金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動を原因とするリスクから逃れるために考え出された金融商品でして、とくに金融派生商品とも言います。

ということは安定的で、かつバイタリティーにあふれたこれまでにない金融市場システムの実現のためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関だけでなく行政(政府)がお互いの抱える課題を積極的に解決しなければならないのだ。

一般的にデリバティブ⇒従来からのオーソドックスな金融取引、実物商品及び債権取引の相場変動で発生したリスクをかいくぐるために作り出された金融商品全体の名称であり、とくに金融派生商品と呼んで区別することもある。

いわゆる「重大な違反」かどうかは、監督官庁である金融庁で判断すること。大部分の場合、細かな違反がずいぶんとあり、その関係で、「重大な違反」評価をされてしまうものなのです。

15年近く昔の平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として国務大臣を組織のトップである委員長にするとされている新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に2年余り据えられていたのです。

一般的に株式市場に公開している上場企業では、企業運営のためには資金調達が必要なので、株式の上場だけではなく社債も発行することが当然になっている。株式と社債の違いは、返済義務の規定と言える。

そのとおり「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」の3つの機能を通称銀行の3大機能と言う。この機能は基本業務である「預金」「融資」「為替」、最後にその銀行の持つ信用力によってはじめて実現できていると考えられる。

2007年に誕生したゆうちょ銀行が提供しているサービスは一部を除いて古くからの郵便貯金法に定められた「郵便貯金」は適用せず、銀行に関して規定する法律である銀行法(1981年年6月1日法律第59号)に定められている「預貯金」を準拠した扱いの商品ということ。

昭和48年に設立された日本証券業協会では、証券会社等の行う株券など、有価証券の取引(売買等)を公正で円滑なものとし、金融商品取引業の調和のとれたますますの振興を図り、出資者の保護を目的としているのだ

つまり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁が判断をするものです。大部分の場合、些末な違反がわんさとあり、それによる作用で、「重大な違反」判断するものです。

たいていのすでに上場済みの企業の場合、事業のために、株式の公開以外に社債も発行するのが当たり前。株式と社債の違いとは?⇒、株式と違って社債には返済義務があるということであるから注意が必要。

実は、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が自前でファンドを作り、適切に運営していくためには、恐ろしいほど数の「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が法律等により決められているということ。

金融,保険,株式関連記事ここまで