アメリカの国内第4位の投資銀行

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

アメリカの国内第4位の投資銀行

【解説】スウィーブサービスって何?今までの銀行預金口座と証券の取引口座の間なら、株式等の購入資金、売却益などが自動的に振替えてくれる便利なサービスである。同一金融グループによる顧客囲い込み作戦である。

いわゆる「重大な違反」になるかならないかは、金融庁において判断することであり、大方のケースでは、微々たる違反が多数あり、そのあおりで、「重大な違反」評価をされてしまうもの。

信用格付機関による格付けを利用するメリットは、わかりにくい財務に関する資料を読みこなすことが不可能であっても知りたい金融機関の経営状態が判別できるところにあるのだ。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能ということ。

日本証券業協会(JSDA)、この協会では証券会社等の行う有価証券に係る売買等といった取引等を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体の堅実なさらなる成長を図り、出資者の保護を目的としている協会です。

将来を見据え日本国内で営業中の金融グループは、国内だけではなくグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れて、財務体質の一段の改善や合併や統合等をも取り入れた組織再編成などに活発な取り組みが行われています。

福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月15日のことである。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したことはご存じだろう。この誰も予想しなかった大事件が世界の金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのだ。

よく聞くコトバ、バブル経済(economic bubble)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(例えば不動産や株式など)が市場で取引される価格が無茶な投機により経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。

【解説】ロイズについて。イギリスの世界的に有名な保険市場である。議会制定法の規定で法人であるとされた、ブローカーやシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もある。

「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が前触れもなく破綻した。こうした事態に、はじめてペイオフが発動して、全預金者に対する3%程度といっても数千人の預金が、適用対象になったと推測される。

いわゆるペイオフ⇒残念なことに発生した金融機関の破産・倒産の状態の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護することとされた預金者(法人・団体も含む)の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。

西暦1998年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局、これまでになかった金融監督庁が設けられたわけです。

15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を長と決めた新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半位置づけられたわけです。

東京証券取引所(兜町2番1号

覚えておこう、外貨両替のメリットデメリット。日本国外への旅行、他には手元に外貨がなければいけない際に利用されている。円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。

西暦2010年9月10日、日本振興銀行の経営が破綻せざるを得なくなった。これが起きたために、初となるペイオフが発動して、預金者の約3%程度とはいうものの数千人の預金が、上限額適用の対象になったと推測されている。

 

金融,保険,株式関連記事ここまで