格付け

副業で1円も稼げない愚かな初心者が、稼げるまで必死にもがく奇跡を記録するブログ

副業への成功を夢見る愚か者のブログ

金融,保険,株式関連記事ここから

格付け

アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が預金保護のために保険金として支払う現在の補償額の上限は預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円ということ。同機構は日本政府、日銀さらに民間金融機関全体がそれぞれ3分の1ずつ

我々の言う「失われた10年」という言葉は本来、国そのものの、またはある地域の経済が約10年の長きにわたる不景気と経済成長の停滞に見舞われた時代を語るときに使う言い回しである。

結論、「重大な違反」なのかそうでないのかは、金融庁が判定すること。ほぼ全ての場合、小粒の違反がだいぶあり、その効果で、「重大な違反」判定されてしまうのだ。

重要。「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」の3つの機能をあわせて銀行の3大機能と言い、これらは基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」それに銀行そのものの信用力によって機能できることを忘れてはいけない。

【用語】FX:一般的には外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引である。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)よりずいぶんと利回りが高いうえ、為替コストも安いというのがポイントである。始めるには証券会社やFX会社からスタート。

紹介されることが多い「銀行の経営なんてものはその銀行に信頼があって軌道にのるか、そうでなければ融資する価値がない銀行であると診断されて発展しなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)

まさに世紀末の2000年7月、旧大蔵省よりさらに金融制度の企画立案事務を統合させて西暦1998年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁として組織を変更。さらには2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府直属の外局となったのである。

平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によるサービスは法律上、郵便貯金法(平成19年廃止)に定められた「郵便貯金」は適用せず、銀行法が適用されに基づいた「預貯金」に基づく扱いのサービスということ。

格付け(評価)を利用する理由(魅力)は、わかりにくい財務資料を読みこなすことが不可能であっても評価によって金融機関の経営状態が判断できるところにあります。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することも可能です。

簡単に?!ペイオフについて。予測不可能な金融機関の経営破綻による業務停止に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護可能な個人や法人等、預金者の預金債権に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度です。

「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が前触れもなく破綻という事態に陥った。この破綻の影響で、史上初となるペイオフ(預金保護)が発動したのである。このとき全預金者のうちの3%程度、しかし数千人の預金が、初適用の対象になったと思われる。

【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言うのである。注意すべきは取得から30日未満という定められた期間に解約の場合、なんと手数料にペナルティ分も必要となるというものである。

15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の外局として大臣を長にするとされている機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年7か月組み入れられたということを忘れてはいけない。

要は「失われた10年」という言葉は本来、国とか一定の地域における経済が10年以上の長い期間にわたる不況と経済停滞に見舞われた10年のことを指す語である。

昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに従い、保険の取り扱いを行う会社は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれることになり、これらの会社はいずれも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者のほかは設立できないとされています。

金融,保険,株式関連記事ここまで